メンズ

語学習得なら口コミで人気の高いスピードラーニングで簡単に覚える

難関を突破

女の人

間違った日本語の使い方

日本人が日本語を勉強するということは、いささかおかしい感じがするかもしれません。しかし、本当に正しい日本語を使っている人は少なく、間違った単語や文法の使い方をしていることは多々あり、それに気づいていないことが多いです。それに、日本語を教える教師になりたいなら、正しい文法と使い方を知ることは必要でしょう。

日本人としてのプライド

日本語力を試すことができる日本語教育能力検定で、毎年多くの人が受験しています。年に1回開催される日本語教育能力検定は、受験資格自体の縛りとなるようなことなく、年齢・学歴に関係ない受験できます。そして、この試験に合格することによって、正しい日本語を身につけていることが対外的にアピールできるからスキルアップに最適な分野です。それに、日本語教育能力検定に受かることにより、日本人としての誇りと自信を取り戻すことも可能です。

合格率が低い難関

日本語教育能力検定で行われる試験内容は、かなり幅広いです。具体的に挙げてみると、文法、言語学、教育制度、歴史というように色んなところまで範囲が及びます。そうしたことから、試験に合格することが難関であることも知られていて、実際の合格率も20%以下だと言われています。
この試験を突破する道を作るのであれば、まずは日本語教育能力検定の試験対策を行なうことでしょう。どのような問題が出題されるのか、基本・応用知識はどの程度まで身につけておいたらいいのかなど色々あります。これらは通信教育や講座などを利用すれば、受験者をサポートしてくれるので効率よく勉強して合格の確率を高めることができます。